戦後の教育実践、開拓者たちの声を聴く

戦後教育を振り返り、その優れた価値を伝承する活動を行っている早稲田大学教師教育研究所。同研究所が2011年から開催してきた「戦後教育実践セミナー」には、戦後全国各地で個性的な授業を展開してきた実践者から直接話を聞くことで、現在、そして未来のよりよい教育を考えるきっかけになればとの期待が込められている。

本書は、そのセミナー内容をまとめたものである。これからの教師に求められる実践力、教育力、人間力を高めるために、戦後日本で行われてきた教育実践の本質を読み解きヒントを得てほしい、との願いから発刊された。

戦後教育の実践例として、「芸術教育と学校づくり」「学級通信を生かした学級経営」「生活綴方」「『総合学習』による学校づくり」「仮説実験授業」などが取り上げられている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。