(円卓)今こそタイムマネジメントの力を

静岡大学教育学部准教授 塩田 真吾



今回のコロナ禍では家庭で過ごす時間が増えましたが、それに伴い問題となったのが、子供たちのネットやゲームなどの使い過ぎの問題です。

もちろん、コロナ禍以前もネットの使い過ぎは問題となっており、私たちの研究室が小中高校生6000人を対象に行った調査でも、58.1%が「家族から『使い過ぎ』と注意されたことがある」と回答しています。コロナ禍によって、それがより問題視されるようになったと言えるでしょう。

しかし、このネットの使い過ぎの問題は、指導する上で2つの課題を抱えています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。