(鉄筆)「クラスター」「アウトブレイク」……

「クラスター」「アウトブレイク」「オーバーシュート」「パンデミック」「ロックダウン」――。次々と出された横文字。どうしてひと目で分かる日本語にしないのかと大きな疑問を持った。

これもグローバル化か。「小規模の感染集団」「その地域で予想されている患者数以上に増加」「爆発的に患者急増」「国境や大陸を越えて複数の国に広がる状況」などと説明が新聞に載っていた。簡潔に分かりやすくできないのか。国語学者は大勢いるだろうに。

最近では、都知事からまたぞろ出てきたのが「ステイホーム」「アラート」「Withコロナ」。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。