ぼくの帰る場所

イギリスの児童文学作家が描く、優しい両親と共にロンドンで暮らす11歳の少年AJを主人公とした物語の翻訳本。

AJには他の中学生と違うところがあり、1つは足が非常に速いこと。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。