(鉄筆)離れても心をつなぐ……

離れても心をつなぐ――。ある小学校で臨時休校中に校長が6年生の子供たち全員に手紙を出した。その返事が学校通信に掲載されていたので紹介する。

「長い休みが続いていたので、校長先生からのはがき、うれしかったです。まだ、6年生になってから一度も友達と一緒に勉強をできていないので、今でもまだ5年生のような気がしていましたが、校長先生のはがきで『もう6年生なんだ』という気持ちがわいてきました。もう少しで学校が始まるのを楽しみにして、最高の〇〇小の最高学年としてがんばりたいです」

「校長先生、先日はお手紙ありがとうございました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。