おぶぎょうざさま

食べ物が暮らす江戸の町の平和を守る「おぶぎょうざさま」は、普段はひ弱な子供「ぎょうざたろう」として暮らしている。

ある日、たろうのもとを訪れた忍びのにんきちとねこまるから、どんな病気でも治すと評判の温泉「ながいきのゆ」を、業突く張りのえびのやが独り占めしているとの情報を聞かされ、えびのやのもとに一目散に駆け出す。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。