主体的・対話的で深い学びを実現する 社会科授業教材・実践・評価のアイデア

2020年度から小学校では学習指導要領が改訂され、教師の教え方に大きな変化が与えられた。本書では、小学校社会科に関する新学習指導要領の内容を深堀し、児童の考える力を育むための道筋を示す。

第1章では「公民的資質」から「公民としての資質・能力」など、教育目標で使用されていた以前とは異なる表現に変更された理由を読み解く。

第2章では新学習指導要領内でとりわけ強調されている「主体的な学び」「対話的な学び」を実現するための授業づくりを解説し、第3章では小学校社会科を受ける各学年に応じた授業についての具体的なヒントを提示。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。