(円卓)コロナ禍の「不易流行」

日本新聞協会NIEコーディネーター 関口 修司



緊急事態宣言が解除された。「ポスト・コロナ」や「コロナ後」などの語句が、メディアに頻繁に表れる。コロナ禍が収束すれば、そのときに進んだものは元には戻らないといわれる。

確かに、デジタル音痴の私でも、リモート会議を経験し、スマホで映画や音楽を視聴するようにもなった。マイクロソフトCEOのサティア・ナデラ氏が「2年分のデジタル変革が2カ月でやってきた」というのもうなずける。

テレビや新聞などでは、文科省の調査で、5%に過ぎない双方向の遠隔授業を実施している自治体の、しかも一部の学校をコロナ禍でのお手本のように取り上げた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。