(鉄筆)全国各地で学校が……

全国各地で学校が再開される中、東京都八王子市で高校1年生の男子生徒が自宅で拳銃自殺するという痛ましい事故があった。自殺の原因はまだ不明のようだが、本人が中学校時代、不登校気味であったことが分かっている。

コロナ騒動で大部分の学校は3カ月以上休校状態が続いた。1年分超の長期休業明けの学校再開で指摘されるのが子供の自殺と不登校である。大型連休や長期休業後の子供の自殺と不登校の発生率が高いことはいまや常識となった。

八王子市の高校生の自殺が長期にわたる休校に影響していたかは分からないが、今回3カ月以上に及ぶ休校が子供たちに少なからず不安と混乱を招いていることは事実であろう。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。