(円卓)コロナ状況下の教育課程

総合初等教育研究所参与 北 俊夫



新型コロナウイルスの感染拡大で、学校は長期間の休業に追い込まれ、6月に入ってようやく再開された。直面した課題が密を避けた教育活動と学習の遅れへの対応だ。

学校は本来密接な人間的触れ合いを重視する場。密を避けるのは、学校の役割を一部「凍結」することを意味している。極めて残念な事態だ。大きな声で話したり歌ったりする子供たちの姿が1日も早く見られるのを待ち望んでいる。

「今年は、運動会、遠足、修学旅行、文化祭など学校行事を全て中止した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。