「いただきます」を考える 大切なごはんと田んぼの話

最初の見開きページから、諸外国よりも日本の食料自給率の低さを示すグラフが記載されており、毎日の食事が当たり前ではないことに気付かされる。

「食」というキャッチなテーマから議論が展開されるため、「輸入する品物に、一定の税金の支払いを求めることも少なくないのです。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。