A4・1枚 学校危機管理研修シート123

学校で起こり得るさまざまな危機にどう対応するか。教職員一人一人が高い危機意識を持つこと、あらゆる危機を想定し一定の知識を共有しておくことが大変重要な世の中となっている。

矢崎良明 編集
教育開発研究所
2400円+税

コロナ禍で「新しい生活様式」への対応が緊急課題となっているが、学校への爆破予告・脅迫、登下校中の犯罪、交通事故など、学校は常に児童生徒の安全を脅かすリスクと隣り合わせの状況にある。さらに、日常的な病気やけが、いじめや不登校、さらには虐待、SNSに関するトラブルなどその内容は多岐にわたる。

本書の特徴は、危機管理についてPlan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(実行)の観点を踏まえてまとめられている点である。どの学校でも起こり得る危機について41の事例を取り上げ、冒頭に「やってはいけないまずい対応」を示した上で、教職員がとるべき適切な対応、事後処理、再発防止策まで解説している。それぞれにチェックリストも付いており、ポイントが一目で分かるのもうれしい。

構成は、▽学校危機管理最新10課題▽教職員に関する危機管理8課題▽教育活動に関する危機管理12課題▽学校安全に関する危機管理11課題――の4章。1課題の解説をA4シート1枚に出力できるよう工夫されており、本書1冊分が123のシートとなる。

教職員全員が同じ情報を共有し、適切な対応をとるための知識の習得に活用できる。

あなたへのお薦め

 
特集