(鉄筆)将棋の藤井聡太七段が……

将棋の藤井聡太七段がまた快挙を成し遂げた。棋聖戦で渡辺明棋聖を破り、初タイトルを獲得し、新棋聖となった。しかも17歳11カ月はタイトル獲得の最年少記録を30年ぶりに更新しての快挙だ。

14歳2カ月の史上最年少でプロ入りしている。これまで藤井さんの成長を楽しみに見守ってきた。デビューの竜王戦で加藤一二三九段に勝利。その後、歴代1位の29連勝、中学生で初めて五段に昇段、朝日杯優勝、史上最年少15歳6カ月で棋戦優勝、六段昇段、竜王ランキング戦連続昇級により史上最年少で七段に昇段、升田幸三賞を受賞している。今年6月の棋聖戦でタイトル初挑戦した。王位戦にも初挑戦者となる。

破竹の勢いのようだが、この3年間タイトル戦への挑戦は中途で跳ね返されてきた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。