(鉄筆)「徒然草」の……

「徒然草」の「改めて益(やく)なきことは改めぬをよしとするなり」(一二七段)は、当然といえば当然の言葉ではある。しかし、益があると考え改めようとして、改めないままお蔵入りしたものや改めたもののかえって悪い結果を招来してしまったという事例も少なくはなく、改革とは実に難しい。

そんなことを考えていて、これまで日の目を見ず、忘れ去られたかにみえる教育改革を思い出した。

その一つが「学校から『合校(がっこう)』へ―学校も家庭も地域も自らの役割と責任を自覚し、知恵と力を出し合い、新しい学び育つ場をつくろう」とした経済同友会の提言(1995年4月)、いま一つが、「日本のフロンティアは日本の中にある 自立と協治(きょうち)で築く新世紀」と題した「21世紀日本の構想」懇談会の提言(2000年1月)である。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。