(円卓)働く大人にも学び続ける場を

中国学園大学副学長 住野 好久



コロナ禍で国が要請する新しい生活様式では大人が豊かに学ぶ必要がある。感染症に対する正しい情報を収集し、デマにだまされずに判断する力、リモートワークなどの新しい労働環境に適応する力、家庭で過ごすための家事スキルなどを身に付け高める必要があるからだ。

子育て家庭では子供への関わり方を学ぶ必要がある。子供が学校へ行けない時の保護者の関わり方の違いが子供の学習・学力格差をもたらすからだ。

確かに、厚労省の「21世紀出生児縦断調査」を見ると、家庭学習を全くしない子を減らすには「勉強する時間を決めて守らせている」よりも「勉強したかを確認している」という関わり方が効果的のようだ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。