(鉄筆)政府の教育再生実行会議が……

政府の教育再生実行会議が7月20日、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた「ポストコロナ期における新たな学び」をテーマとする議論に着手したという報道を目にした(本紙7月30日付)。

会議では、初等中等教育について、学校のICT環境を進める中、対面指導とオンライン授業のハイブリッド化や少人数学級の「計画的整備」を検討し、来年5月をめどに提言をまとめるという。

確かに学校休校が長引き、学びの遅れ、地域や学校間の格差が指摘される中で、子供たちの学びを保障するには、対面指導とオンライン授業のハイブリッド化、少人数学級の実現が喫緊の課題であり、極めて時宜にかなった施策ではある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。