(鉄筆)9月は各省庁による……

9月は各省庁による次年度予算の概算要求作成の時期。7月の閣議で麻生太郎財務相から概算要求は対前年度と同額とするようにとの指示があった。コロナ対策で未曽有の財政支出が行われている今年の財政事情を考えればやむなしと理解はする。

8月4日の会見で萩生田光一文科相は少人数学級の実現に向けて、教員の確保など来年度から段階的に実施するための検討を「今までとはスピード感を変えて」行うことを明言した。何か確信があってのことなのであろう。

これまでも文科省は教職員の定数改善において財務省の徹底抗戦を受け「撤退」している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。