タミーと魔法のことば

小学3年生の女の子、タミーが9歳の誕生日におねだりしたのは、古道具屋のショーウインドーに並んでいた古い真っ赤なトランク。それは行方不明となっていた人気マジシャンが使っていたもので、何とも不思議な力を持つトランクだった。

弟が生まれてからというもの、お父さんもお母さんも弟の世話ばかりで寂しさを感じていたタミーは、ある日「家出をしようかな」とつぶやく。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。