タミーと魔法のことば

野田道子 作
クボ桂汰 絵
小峰書店
1300円+税

小学3年生の女の子、タミーが9歳の誕生日におねだりしたのは、古道具屋のショーウインドーに並んでいた古い真っ赤なトランク。それは行方不明となっていた人気マジシャンが使っていたもので、何とも不思議な力を持つトランクだった。

弟が生まれてからというもの、お父さんもお母さんも弟の世話ばかりで寂しさを感じていたタミーは、ある日「家出をしようかな」とつぶやく。すると、黄色いエンピツに姿を変えたインド人魔術師が話し掛けてきて…。

赤いトランクと共に、タミーはマジシャンのいる不思議な世界に連れ出される。さまざまな人との出会い、体験を通してタミーは持っている力を存分に発揮しながら成長していく。

挿絵も一つ一つが楽しく、空想好きな子供時代にぴったりの、どこか懐かしさを感じる物語である。

あなたへのお薦め

 
特集