学級経営大全

学級崩壊という言葉を聞くようになって久しく、教師は授業の指導力だけではなく学級をより良い方向に導く経営力も求められるようになった。

本書では、「自他を尊重して人権に関する問題『必然的領域』」「教師による計画的な指導や援助『計画的領域』」「問題解決や学校文化の創造に関わる『偶発的領域』」、この3つの領域から『学級経営』が成立すると捉え、教師に必要なスキルを説く。

序盤は、落ち着きに欠けたり、粗暴な言動が目立ったりなどして集団に順応できない「気になる子」の多様なパターンや家庭内と教室内のギャップに触れ、気になる子がクラスを壊す段階を5つに分けて解説。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。