管理しない校長が、すごい学校組織をつくる! 「任せる」マネジメント

10年前から現在に至るまで公立小学校の校長を務め、ユネスコスクールの加盟やホールスクールアプローチによってESDの推進といった先進的な取り組みを進めてきた著者が、「校長が上手に任せることで、教職員が主体的に動き出すのです。そんな雰囲気こそ、快適な学校やのびのびした子どもを育てることにつながると信じています」と「任せる」の必要性を説き、学校という組織のリーダーである校長の心構えを指南する。

役職が高くなるとつい自分の存在感を出したくなってしまうが「『校長先生はいなくても平気です』と言われるのが理想の学校なのだと私は思います」とキッパリ。「裏方」として校長がやるべき業務が続く。

ただ、決して実行が難しいものではなく、「学校だよりと学年だよりを一元化」「プリンターやコピー機の配置を換えて移動・時間短縮」など、すぐにでも取り掛かれるものばかり。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。