(鉄筆)コロナ禍の中で……

コロナ禍の中でオンラインによる授業や学習がマスコミなどで大きく取り上げられ、教育委員会や学校の取り組みの遅れが批判されていた。環境づくりの遅れを招いている国や教委の責任が重大であり、学校現場を責めるのは筋違いと思う。事実、教師たちは可能なところからオンラインに取り組み頑張っている。

そんな中、わが身もオンライン会議に参加せざるを得なくなった。所属する研究会が他県の研究会とオンラインで合同研究会をやる。Zoomの取り込みも簡単で便利なもんだと感心。ラインでつないでいた東京の仲間と久しぶりに顔を合わせ思わず手を振ってしまった。

見えているのか、聞こえているのか不安からの出発。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。