(鉄筆)コロナ禍による影響で……

コロナ禍による影響で全国の小中高校の多くは例年より早く2学期を迎えている。短いとはいえ、夏休み明けに先生方は子供たちの小さな変化を見逃さないよう健康観察などを通じ神経を注いでいることだろう。

その中で、最近眼科医を中心に子供の目の健康に対する警鐘が鳴らされている。具体的には近視などの視力低下をはじめ屋内での生活時間の増加による体力低下や健康不良などである。

視力低下について文科省の学校保健統計調査によれば、裸眼視力が1.0未満の子供は年々増加の傾向にあるという。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。