(円卓)コロナ禍で包摂的アプローチを

上智大学総合グローバル学部教授 丸山 英樹


現在、世界中で新型コロナウイルス感染拡大による学校閉鎖などが見られます。比較教育学者の私も諸外国の状況と対応を追い掛けていますが、どこでも転用可能な大正解となる対応は存在しないようです。オンライン教育には想像以上の工夫が求められ、安全な学修環境を担保しつつ、学生たちの学びの質の保障を目指すのは、容易なことではないと私自身も痛感しています。

2020年春には多くの大学で遠隔教育を急に展開し、あれもこれもできる超人的な教員がさまざまな実践を披露しました。でも実際には、教員によって用いるツールが異なり統一感の小さい中、それらに対応する学生は疲労しました。

その背景の一つには、全ての学生がICT利用を得意とするわけではないことが挙げられます。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。