本屋のミミ、おでかけする!

昼は祖父が営む本屋を手伝い、夜は読書に明け暮れるほど本が大好きなミミ。本屋の常連の絵描きと仲良くなったミミは、スケッチに誘われるようになるが、外に出るのが怖いため、誘いを全部断ってしまう。

ある日、絵描きからけがでしばらく本屋に行けないという手紙をもらい、心配になったミミは意を決して見舞いに行くことを決意する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。