(円卓)令和の学校教育に必要な視点

聖心女子大学現代教養学部教育学科教授 益川 弘如


2020年9月28日、中教審初等中等分科会より「『令和の日本型学校教育』の構築を目指して(中間まとめ(案))」が示された。副題は「~全ての子供たちの可能性を引き出す、個別最適な学びと、協働的な学びの実現~」とある。

中間まとめ(案)の中には、「個別最適な学びの成果を協働的な学びに生かし、さらにその成果を個別最適な学びに還元するなど、個別最適な学びと協働的な学びの往還を実現することが必要である」とし、目指すべき学びの在り方が副題になっている。

しかし、このまとめ方では「個別最適な学び」と「協働的な学び」が独立して存在することが強調され、個別最適な学びはさらに、基礎的・基本的な知識などを確実に習得させるための指導を強化する「指導の個別化」と、学習の基盤となる資質・能力などを土台として個々の子供に応じた学習活動を提供する「学習の個性化」に分けた整理となっている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。