(円卓)学校危機管理能力と適応能力

東京都市大学付属中学校・高等学校長 長野 雅弘

本校の難関大学合格実績は伸び続けている。教育情報サイト「朝日新聞EduA」によると「早慶上理MARCHが10年前の133人から531人と398人増えた。合格者の内訳を見ると、早稲田大が10年前の20→68に(+48人)。慶應義塾大が5→41(+36人)、明治大が25→131(+106人)、東京理科大は17→70(+53人)と大きく伸びている。東大、京大を含め、これは日本一の伸び率だ」とある。

背景には何があるのか。私は赴任以来、生徒の学力に関する悉皆調査と教師の学びに関する調査を実施し、指導・助言をしている。今年度もこの流れでと思っていたところコロナ禍が襲来した。日本の教育史上初の全国一斉臨時休校要請があり、ほとんど全ての学校がその要請に従った。人と人が直接対面で向き合い、刺激し合い、学び合うという学校の日常が突然なくなった。

「学びを止めない」を合言葉に本校の教師たちは想像力を働かせ、話し合い、迅速に行動し始めた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。