捨て犬・未来、しあわせの足あと

今西乃子 著
浜田一男 写真
岩崎書店
1300円+税

虐待を受けたことにより右後ろ脚は足首から切断され、左後ろ脚も指から先が切られて肉球がわずかに残るだけ、といった深刻な障害を抱えながらも懸命に生きる犬「未来」シリーズの最新作。筆者と未来の出会いから現状をテンポよくつづる。

序盤は、虐待を受けた経験から人間に対する不信感を持つ未来が、時間をかけて徐々に心を開いていく姿が描かれる。未来の心の変化を見ていると、人間と動物の心の構造に大差がないことに気付く。

また、未来と公園に散歩に出掛けた際に知り合った小学生の女の子とのエピソードは胸が熱くなる。女の子に未来の障害について説明した時、「かわいそう」ではなく、「がんばっているんだね…」と口にしたことに思わずはっとさせられた。生きること、障害のあることについて改めて考えさせてくれる。

あなたへのお薦め

 
特集