(円卓)ウィズコロナの学校経営

東京家政学院中学校・高等学校校長 佐野 金吾

長年学校経営に関わっているが、新型コロナウイルス感染症拡大が学校現場に及ぼした影響は、これまでにないくらい大きい。学校教育の在り方の見直しを迫られるとともに新たな道も開かれたと考える。

4月、5月の2カ月間は生徒が学校に来られない状況で、どのような学校教育に取り組めばいいのか、教職員一同大いに悩んだ。しかし、「窮すれば通じる」の例えのように教職員がそれぞれの特性を生かし見事に難局を乗り越えた。

ICTの優れた技能を持つ教員は、オンラインツールを活用した技能的な指導を行い、図書館担当教諭は学校図書の無料宅配サービスに取り組み、体育科の教員は体操の動画を配信し生徒の運動不足の解消に努めるなど、コロナ禍の中で見事に組織的な学校運営が実践され、「学びの継続」を絶やさぬよう努めた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。