地球村の子どもたち 途上国から見たSDGs ①格差

石井光太 写真・文
少年写真新聞社
2200円+税

絶対的貧困、格差、児童労働、ストリートチルドレン…など、世界に目を向けると困難な問題があふれている。でもどこかで、貧しさは遠い国の問題、私たちの力でどうすることもできないと思っているかもしれない。

スーパーで安く売られているチョコやバナナ、手頃な価格で購入できるおしゃれな洋服も、その多くは貧しい国の危険な児童労働によって作られたもの。私たちと無関係ではないのだ。

本書は、貧困に苦しむ子供たちの暮らしを写真を交えてリアルに伝え、日本の子供たちが格差に関心を持つためにまとめられた一冊である。「地球の未来は、君たちの手の中にある」というメッセージが心に響く。10年、15年後に社会の主人公となる子供たちが、世界をよりよくするためにできることは何か、を考えるきっかけとなってくれたらと思う。

あなたへのお薦め

 
特集