(鉄筆)動物季節観察の終了……

先日、花の開花や鳥の初見などで季節の進み具合を調査する気象庁の「生物季節観測」が、今年いっぱいで植物は縮小、動物は終了するという報道を耳にした。

この「生物季節観測」は、植物にあっては、「タンポポの開花」「イチョウの発芽」など34種類41項目、動物は、「ホタルの初見」「ツバメの初見」など、23種類24項目におよび、1953年以来観測されてきたものだが、来年以降、植物は「サクラの開花」など6種目9項目に絞られ、動物は観察されないという。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。