AIロボット、ひと月貸します!

木内南緒 作
岩崎書店
1200円+税

小学4年生の岡本栄太は未来科学研究所を訪れた時、所長から自分そっくりのAIが搭載された分身ロボット“エイト”を1カ月限定で貸してもらう。

栄太は家族にバレないようにエイトを隠しながら、家事のお手伝いや学校の宿題などをやらせ、自身は漫画を読んだりゴロゴロしたり快適な生活を送り、ついには学校やサッカー教室も行かせるようになる。

最初は何でもやってもらうことを喜んでいた栄太だったが、次第にエイトに自分自身の存在を乗っ取られるのかもしれないという恐怖心から、エイトの電源を切ってしまう。

人間とAIの触れ合いという私たちが近い未来に問われる課題を、本書は突き付けてくる。ただ、ストーリーも楽しめる内容となっており、ラストは心が温かくなる展開で、子供だけでなく大人も読んでほしい。

あなたへのお薦め

 
特集