第11回ESD大賞発表 文科大臣賞に福島県只見町立只見中学校

NPO法人日本持続発展教育推進フォーラムではこのほど、第11回ESD大賞(後援・文科省、日本ユネスコ国内委員会、教育新聞社ほか)の受賞校を発表、文部科学大臣賞には福島県南会津郡只見町立只見中学校が選ばれた。

同賞は、各学校で正しいESDの概念に基づいた教育が積極的に実践され、持続可能な社会の構築に参画する人間づくりの推進に寄与することを目的に、小中高校を対象にESDの実践研究事例を募り、優れた実践を顕彰する。

文科大臣賞(ESD大賞)のほか、ユネスコスクール最優秀賞1校、小中高の各賞各1校計5校に加え、ベスト・アクティビティ賞1校、スタートアップ賞1校、審査員特別賞1校が受賞した。

只見中学校の実践を全国海洋教育サミットでポスターセッション

受賞校は、次の通り。

  • 文部科学大臣賞(ESD大賞)=福島県南会津郡只見町立只見中学校
  • ユネスコスクール最優秀賞=東京都八王子市立浅川小学校
  • 小学校賞=埼玉県久喜市立栗橋西小学校
  • 中学校賞=宮城県気仙沼市立階上中学校
  • 高等学校賞=叡明高等学校(埼玉県越谷市)
  • ベスト・アクティビティ賞=北海道目梨郡羅臼町立羅臼小学校
  • スタートアップ賞=千葉県代八千市立大和田南小学校
  • 審査員特別賞=成蹊小学校・成蹊中学校(東京都武蔵野市)

表彰式は12月6日、オンラインで開催された第12回ユネスコスクール全国大会で行われた。

審査委員長・細谷美明日本持続発展教育推進フォーラム理事の講評は次の通り。

「今回受賞された8校の取り組みにはいくつかの共通点がある。1点目は、『体系的・系統的』な内容であること。各学年で行っている点につながり・関係性があったり、小学校の成果を中学校で生かしたりという学年間、学校間連携がある。学校教育の枠内でなく社会全体に広がりを見せる可能性がある活動となっている。2点目は、活動を通し児童生徒が地域のよさ発見し、地域貢献につなげているということ。3点目は、どの学校も豊富な体験活動が行われており、机上の学習が実社会で役立てる学習になっているということ。これらの学習は、新たな発見もあり、次の学習意欲につながることが期待できる」。

◇第11回ESD大賞・受賞理由

「私たちの海を守れ!」を題材に英語弁論

文部科学大臣賞に輝いた福島県南会津郡只見町立只見中学校は、主に次の点が評価された

  • 学校がある山間部から海の環境を考えるという「出口の実態から入口の課題を探る」といったダイナミックな発想
  • ブナの木という地域素材からカラーホイール作り、海岸地域である和歌山県への修学旅行、新聞紙でのレジ袋作り、大学との連携によるウニの飼育と、豊富で多彩な体験活動
  • 地域社会や他の地域への広報活動。それも総合学習だけではなく全ての教科学習でも取り扱う教科等横断的な学習であり、「社会に開かれた教育課程」のお手本のようなカリキュラム構成。
関連記事