(鉄筆)日本の木造建造物の保護……

日本の「伝統建築工匠の技:木造建造物を受け継ぐための伝統技術」が国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されることになった。建造物修理、建造物大工、檜皮葺・こけら葺き、茅葺、檜皮採取、日本産漆生産・精製、縁付金箔製造等々、木造建造物の保護に不可欠な知識や技能が世界に評価され喜ばしい。

登録対象は宮大工や左官職人らが継承する保存修理に関する技術で、国の「選定保存技術」として14の団体が守り伝えてきた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。