みそしるをつくる

高山なおみ 文
長野陽一 写真
ブロンズ新社
1200円+税

「子供たちが自分で作って食べる」をテーマにした絵本で、子供が簡単にチャレンジできる「みそ汁の作り方」を紹介している。

大きなひらがなで解説しながら、ページ全体に広がる写真を交えて、みそ汁が出来上がるまでの工程を丁寧に表現している。その写真の美しさから、昆布と煮干しのだしを見ているだけで「おいしそう」と思わずワクワクしてしまう。

「おなべに とぽん もひとつ とぽん」「にぼしを 5ひき およがせる」など、絵本要素も十分にありテンポよく読み進めることができる。そして最後には、だしからみそ汁を作りたくなる人が多いはずだ。

休日などに親子で料理を楽しむきっかけとなる一冊。ぜひ、姉妹編『おにぎりをつくる』と合わせて読むことをお勧めしたい。