(鉄筆)新型コロナワクチンの接種……

高齢者を端緒に新型コロナワクチンの接種が開始されたが、さまざまな混乱があるようだ。ネットでの接種の申し込みができなかったり、そもそもインターネットに接続できる環境になかったりする。会場に行っても接種までの間に何回も立ったり歩いたりしなくてはならない場合もあり、高齢者には辛いものがあるようだ。

そのような中、自治体の職員がネット申し込みの支援をしたり、大学生がボランティアで支援をしたりするところも出てきた。接種を受ける人はずっと座ったままで動く必要がなく、接種をする医師の方が移動するようにしたところもある。他の自治体のやり方でもよいものは積極的に取り入れて改善していってほしい。

学校には多様な教育的ニーズのある子供たちがいる。各人の教育的ニーズに応じてどの子も最適な教育が受けられるように、ユニバーサルデザインの考え方を取り入れて教育活動をしている学校もある。

ユニバーサルデザインは、教室の環境を整備することにとどまらず、授業についても多様な学びが保障されるように努めるものである。学習者全員のための教室の実現を目指している。一人一人の子供の教育的ニーズに応じると同時に、一人一人の違いを尊重し互いに理解しながら学ぶことを通し、さまざまな人々が生き生きと活躍できる共生社会をつくる基盤となる資質を培うことができる。

この子供たちが成長し、今回のような状況に対応することになったら、おそらく誰もが安心できる環境をつくっていくことができるようになると信じている。

関連記事