赤ちゃんのふしぎ 科学ずかん

高橋孝雄 監修
あすなろ書房
2530円(税込)

説明が難しい〝赤ちゃんのふしぎ〟を、分かりやすい表現、言葉を使用しながら解明する図鑑。かわいらしい表紙をしているが、生殖器や排せつ物などをイラストや写真を用いながら、赤ちゃんに関するリアルを容赦なく突き付ける。生命が宿る過程、出産直後の様子、そして1歳になるまでの期間など、各段階に見られる赤ちゃんの様子を科学的な観点から示しており、何となく答えが分からなかった疑問も次々解説していく。

中でも、「なぜいつもバンザイしてねむるの?」という質問に対し、「両手をひろげてねむると呼吸がしやすく酸素をとりいれやすい」と回答が寄せられており、図鑑にふさわしい詳細な情報が記されている。

子供向けではあるものの、出産を控えているカップルはもちろん、育児を終えた人が目を通しても学びを得られそうだ。