(円卓)「困りました」…記述式の断念

教育評価総合研究所代表理事  鈴木秀幸

 「大学入学共通テストへの記述式導入を断念」との報道に触れ、困ってしまいました。次のような経過があるからです。

 現行の学習指導要領での学習評価の在り方を検討したワーキンググループ(以下WG)の議論の中で「高校では思考力や判断力の指導が行われていないのは問題。指導要録に観点別評価を記入する必要がないためである。高校でも指導要録に観点別評価を記入するようにすべきだ」との意見を多くの委員が述べました。

 WGの委員でもあり、高校の教員でもあった私は、現場の実態を踏まえ反論しました。「確かに高校では思考力などの指導が十分行われていません。現在のセンター試験の多肢選択式が行われている限り、思考力などの指導をしたくてもできないのです。まずセンター試験に記述式を導入してください。これなしでは指導要録に観点別評価を記入するようにしても、何も変わりません」と。最終的にWGでは、観点別評価の指導要録への記入は見送られました。

 しかし、新学習指導要領での学習評価を検討したWGでは、委員として高校の指導要録に観点別評価の記入に賛成しました。新しい大学入学共通テストに、一部とはいえ記述式の導入が決まっていたからです。反対はなく観点別評価の記入が決まりました。こうして指導要録への観点別評価の記入が決まったのですが、その後に記述式の導入が断念されました。はしごを外された気分です。

 大学入学共通テストへの記述式導入が断念されたので、個別試験で記述式をできる限り実施してほしいものです。高校の関係者が、記述式の指導をしなければと考える程度に。記述式の問題の作成と、採点の公平さの確保に、各大学がどれほどの労力を掛けられるかの疑問はありますが、それなしには思考力などの指導は行われません。

 教育評価の専門家の中では、ウオッシュバック効果の存在が常識となっています。これは評価の在り方が学習指導に影響することを言います。つまり知識の評価に適した多肢選択式のセンター試験が行われている限り、高校では知識の指導に重点を置き、思考力の指導に力を入れられることはないでしょう。記述式が導入されることになっていたため、そのような懸念は後退していました。

関連記事