ポリポリ村のみんしゅしゅぎ 絵本で選挙を体験しよう

蒔田 純 作
おかやま たかとし 絵
かもがわ出版
1980円

選挙権年齢が18歳に引き下げられて以降、中高生を対象に政治との関わり方を教える「主権者教育」が広がりつつある。本書は、政治に主体的に関わるための力を付けるには幼い時期から訓練が必要と考える政治学者が書いた絵本。小学校低学年の子供でも選挙をリアルに体験できる。

ポリポリ村では、毎年冬にやってくるドラゴンを追い払うべきか、追い払わずに利用すべきかで意見が分かれ、村長選挙で決定することとなった。村にとってどちらが良いのか。子供自身が「絵本の中の住民だとしたら」と主体的に考え投票する仕掛けがあり、投票先によってストーリーが分岐するのも面白い。自分の意見を表明する、相手の意見も良く聞く、対立点があれば話し合い最後は意見を集約する。このプロセスを楽しく学べる1冊である。

関連記事