チェスターとガス

ケイミー・マガヴァン 作
小峰書店
1650円(税込)

 補助犬になるための訓練を続けてきたイヌのチェスターが自閉症の少年・ガスの家にペットとして迎えられ、少年の良きパートナーとなっていく過程を描いた物語。著者自身が自閉症の息子を育てる中で、愛犬との特別な交流を目の当たりにしてきた実体験から生まれた作品。人間の言葉を理解できるイヌのチェスターが語り手となり物語は進む。チェスターはガスを観察し、パートナーとして何ができるかを考える。ガスと心の声で会話を重ね、ガスを助け、なぐさめ、励ましながらコミュニケーションを深めていく。

 アメリカでは補助犬の制度が確立されており、数多くのイヌが自閉症やてんかんを持つ人を支えているという。「パートナーの役に立ちたい」と人間の想像を超える仕事をするイヌたちの存在を知るきっかけになればと思う。

あなたへのお薦め

 
特集