ほんとのママはゴールドマリー

板橋雅弘 著
平田景 絵
アリス館
1100円

 小学2年生のアイのママは、身長が高くて体重は100キロ近い。さらに、声が大きくどこに行くにもジャージ姿という、見た目だけでなく性格まで豪快。そんなママが大好きだけど、どこか恥ずかしさを覚えているアイは、家の中でたまたま見つけた写真に写ったきらきらでカッコイイ女性・ゴールドマリーが自分の本当のママだと思っている。

 ある日の授業参観、教科書をうまく読めないアイに向かって、ママは「アイちゃーん、ファイトーッ!」と声援を送ると教室中は大笑い。この日を境にクラスメートからからかわれるようになり、なんとか見返そうとアイはママと一緒に特訓を開始する。

 「ほんとのママ」というタイトルにどきっとするが、読み進めるにつれ親子の愛情を強く感じられる温かい作品だ。

 

 

あなたへのお薦め

 
特集