空から見えるあの子の心

シェリー・ピアソル 著
平澤朋子 絵
童心社
1650円

 人付き合いが苦手な小学6年生の女の子エイプリルは、ファッションや恋愛の話ばかりするクラスメートと一緒にいることに嫌気が差す。「できるだけ他人と関わりたくない」という思いから、遊び相手が見つからない4年生の世話をする「友だちベンチ」の係に立候補し、絵を描くことが趣味のジョーイと出会う。

 ジョーイは自閉的な性格からか校庭の真ん中で寝そべったり木の周りをうろうろ歩いたり、当初はその言動に困惑するエイプリル。徐々に2人の間に信頼が育まれる中、ジョーイの絵の才能が学校だけでなくマスコミからも注目され、急速に2人を取り巻く環境が変わる。エイプリルとジョーイを交互に取り上げ物語が進むため、2人の苦悩や葛藤がよく分かる。人の気持ちに寄り添いたくなる作品だ。

 

 

あなたへのお薦め

 
特集