びわ色のドッジボール

もり なつこ 作
丹地 陽子 絵
文研出版
1540円

 小学5年生の翼は大好きなドッジボールを巡って友達とトラブルになり学校に行くのが嫌になる。居場所がなくなり学校に行けなくなった翼は、自分自身の気持ちに戸惑い、フリースクールに通ういとこのお姉さんに会いに行く。

 学校を休んで親戚と何気ない時間を過ごし、いとこからいろいろな選択肢があることを教えてもらい穏やかさを取り戻していく翼。

 自分の気持ちを伝えられない中、いとこが学校に行けなくなった原因を話してくれたことで、翼の身勝手な振る舞いが友達を傷つけていたことに気付く。自分自身と向き合うことができた翼は「言わなきゃいけない言葉」がある、と再び学校に行く決心をする。

 近くに必ずあなたを助けてくれる友達や大人がいるというメッセージが詰まっている。

 

あなたへのお薦め

 
特集