校長1年目のあなたに伝えたいこと(困難に打ち克つ思考法)

教育開発研究所 編
教育開発研究所
2200円

 新任の校長に向けて、「校長としての考え方・姿勢」を伝授する温かい本である。語り手として登場するのは、前例や慣習にとらわれず、学校現場のトップとしてさまざまな難問にチャレンジしながら道を切り開いてきた先輩校長、23人だ。

 それぞれの先輩方が新任校長であった頃、どのような困難に出合い、そこでどう考え、どう行動し乗り越えてきたのか。さらに、その経験が今にどう生きているか。広島県尾道市立土堂小学校で校長を経験し陰山メゾッドで有名な陰山英男氏、女性初の公立中学校民間人校長として横浜市立市ヶ尾中学校の校長を務め、現在広島県教育委員会教育長として活躍する平川理恵氏などが包み隠さず語る。1章は「失敗・失策、拠り所となった言葉」、2章は「校長の仕事とは」、3章は「困難に打ち克つ」がそれぞれテーマとなっている。

 これからの時代を生きる子供たちが「生きる力」を育むために、学校は今「知識を伝える場」から「知識を活用する力を育む場」へと転換することが求められている。大変な仕事であることは間違いないが、その社会にとって最も重要ともいえる仕事を担うのが、学校現場を指揮する一人一人の校長である。

 本書のメッセージはいずれも、従来からの慣習にとらわれず新たな挑戦に挑もうとする全ての新任校長の背中を押してくれるものと思う。

あなたへのお薦め

 
特集