ホーム アクセスデータの利用について

アクセスデータの利用について

1)アクセスデータの収集

教育新聞社(以下、当社)は、教育新聞(電子版)及び付随するデジタルサービスにおいて、閲覧した利用者から次のようなデータを、サービス提供事業者(第三者事業者)の計測システムを利用して収集しています。

・サイト及びアプリ上の閲覧履歴(日時、URL、クリックイベントなど)
・利用機器情報(利用端末やブラウザ、IPアドレス等の情報)
・リファラ―情報(訪問時に経由したサイト等の情報)

上記のデータには、氏名、住所、メールアドレスなど特定の個人を識別できる情報は含まれていません。データ収集には、利用者のブラウザを識別するCookieを使用しています。ブラウザの設定変更により、Cookieの使用を拒否することができます。その場合には、本サービスの一部又は全部を利用できなくなる場合があります。

2)アクセスデータの利用目的

当社は収集した閲覧データを次の目的で使用しています。

・サイト及びアプリの利用状況の測定・分析・改善
・購読申し込み状況の測定・分析・改善
・利用者の関心に沿ったコンテンツの表示
・広告の配信状況や効果の測定・分析・改善
・広告配信のターゲティング

3)広告配信事業者へのアクセスデータの共有

教育新聞(電子版)及び付随するデジタルサービスでは、広告配信事業者などの当社以外の事業者が独自にアクセスデータを収集し、行動ターゲティング広告の配信などの目的に利用しています。

提携先で収集された情報は、提携先が定めるプライバシーに基づき利用されます。行動ターゲティング広告の配信を無効にしたい場合は、以下に記載する提携先のオプトアウトページにアクセスし、手順に従って手続きを行ってください。

Google Inc.

ヤフー株式会社

Facebook, Inc.

Twitter.Inc.

このページの内容は適宜、変更される可能性があります。ページ下部の最終改定日をご確認ください。

最終改定日 2021年4月12日