都小学校視聴覚教育研究会 台東区立東泉小で

2015年2月2日号掲載

 東京都小学校視聴覚教育研究会は第61回視聴覚教育(情報教育、ICT教育)研究会を2月12日午後1時から午後4時半まで、東京都台東区立東泉小学校で開く。研究テーマは「生きる力を育む視聴覚教育の追究」。各教科に位置付けたICT授業公開と全体協議、パネルディスカッションなどを行う。

 内容の一部は次の通り。

 ◇公開授業/▽1年生算数「ずをつかってかんがえよう」=デジタル教科書で問題場面を提示しねらいを明確にして学習▽2年生生活「あしたへ ジャンプ」=実物投影機やスライドショーで児童の成長を効果的に提示▽3年生社会「昔からうけつがれたもの」=デジタルカメラやVTRで撮影した地域教材で主体的な学びにつなげる▽4年生体育「器械運動 跳び箱運動」=タブレットPCで撮影した映像を練習に生かし、学び合いを充実▽5年生理科「もののとけかた」=タブレットPCを活用し実験結果を共有、科学的な見方、考え方を養う▽6年生総合的な学習「正しく使おう!インターネット~事例に学ぶ情報モラル」=企業の専門家とともにネット社会をより良く生きるためのルールを考える。

 ◇パネルディスカッション「21世紀に生きる力の育成~視聴覚教育の役割」=藤村裕一鳴門教育大大学院准教授(コーディネーター)、佐久間茂和台東区教育支援館学校教育情報室長、稲葉英美台東区立東泉小教諭・東京都小学校視聴覚教育研究会研究推進委員。

 詳細と申し込みは、武智直貴同会研究推進委員長(中野区立北原小校長)/℡03(3330)2411か、細川猛彦同会事務局長(杉並区立高井戸第4小副校長)/℡03(3333)7828か、原香織副会長(豊島区立巣鴨小)/℡03(3946)9551。

(詳細は「教育新聞」紙面に掲載)