教科書デジタルデータ活用で調査研究事業を公募 文科省

2015年2月12日号掲載

 文科省は「特別支援学校(視覚障害等)高等部における教科書デジタルデータ活用に関する調査研究」事業を行うことができる大学、教育機関、民間企業等(法人格を有しない団体は除く)を募集している。

 この調査は、高等学校等における教科用拡大図書の普及に資するため、特別支援学校(視覚障害等)高等部において、PDF形式の教科書デジタルデータを拡大機能をもつタブレット型情報端末で活用し、教科用拡大図書と同等に使用できるための諸条件を検証しようというもの。

 受託団体は、(1)PDF形式の教科書デジタルデータの在り方の検証(2)タブレット型情報端末の使用方法および管理の在り方――を検証する。

 採択件数は総額1500万円程度を上限とする予算の範囲内において決める。
 公募締切は2月23日。選考を3月上旬に行い、3月中旬に結果を通知し、契約締結は予算が成立した場合、3月以降順次締結。契約期間は契約締結日から来年3月31日まで。

 委託を受けた団体は、「教科書デジタルデータを活用した拡大教科書、音声教材等普及促進プロジェクト事業」評価会議に参加し、文科省が別に委託する「教科書デジタルデータ提供に関する調査研究」の実施団体と必要に応じて連携を取り、調査研究内容の充実を図る。

 文科省初中局教科書課教科用特定図書電磁記録係=〒100―8959東京都千代田区霞が関3―2―2/℡03(5253)4111(内線4743)。Eメール=kyokasyo@mext.go.jp

(詳細は「教育新聞」紙面に掲載)