作ることで学ぶ ~なぜ、いま、プログラミング教育なのか~ 後編【iTeachers TV】

教育新聞は、教育ICTの実践を特集した動画番組「iTeachers TV」に協賛しています。

全児童が自分のパソコン(Raspberry Pi)を持ち、教科の授業にScratchによるプログラミングを取り入れている品川区立京陽小学校。

その事例を取り上げ、どの教科や単元で用いるのが有効だったか、児童に対しどのような学習効果があったかなどを紹介します。

また、導入に当たっての課題とそれに対するソリューション。実際に授業を行うにあたって教員が注意すべきポイントなどを検討し、プログラミング教育の今後の展望を示します。