生徒・保護者・同僚とつながるICT(前編)【iTeachersTV】

教育新聞は、教育ICTの実践を特集した動画番組「iTeachers TV」に協賛しています。

従来は学校生活という限られた時間の中で生徒と信頼関係を構築しなければなりませんでした。しかしICTを利用することにより学校以外の時間で生徒とのコミュニケーションをとることが可能となりました。また、教育は学校内だけで完結するものではなく、保護者との協力体制が不可欠です。そのためにはまず保護者の信頼を得ることが必要になります。ICTは保護者と個別で頻繁なコミュニケーションをとることを可能にしてくれます。さらに同僚とのコミュニケーションも同じくらい重要となります。生徒を取り巻く教員間のコミュニケーションの頻度を高めることで、生徒指導や学校運営に良い影響がもたらされます。