みらいスクールステーション 大きな設備不要で簡単操作【ICT教育特集】富士ソフト

リモコン操作が簡単なメディアボックス
リモコン操作が簡単なメディアボックス
多彩な機能をEDIXブースで体感

「みらいスクールステーション(みらスク)」は、校内のサーバーと教室の大型モニターなどを校内LANでつなぎ、教室にパソコン機器の設置を必要としない特徴を持つ総合教育ソリューション。大がかりな設備を必要とせず、横浜市や札幌市などの自治体で導入が進んでいる。

教室のデジタルテレビやプロジェクターなどの大型モニターの有効活用を提唱するみらスクには、連絡事項を表示する「電子掲示板」、デジタルビデオカメラの中継映像を配信する「校内ライブ放送」など、授業以外にも大型モニターを幅広く活用できるような機能を持ち合わせている。もちろん授業で用いるICT機能として、教室からサーバーにアクセスして瞬時にデジタル教材を再生することができる「教材コンテンツ視聴」から、大型モニターとタブレットを無線でつなぎ、活用する「電子黒板」、タブレット複数台による「タブレット授業支援」まで、多彩な機能を持ち合わせている。

これらの多彩な機能を実現するのが、独自の技術力を結集して開発されたメディアボックスである。誰にでもリモコンひとつで操作できるように作られており、同ボックスを基本として、学校の日常シーンの中で手軽に使用できるようになっている。

EDIXでの富士ソフトのブースイメージ
EDIXでの富士ソフトのブースイメージ

そんなみらスクの多彩な機能を体験してもらおうと、今回のEDIXでは、「授業でかんたん活用」の3機能、「校内連絡や行事で活用」の2機能、それぞれのエリアを分けて、来場者の目的に沿えるように展示やステージが用意される。

「授業でかんたん活用」のステージでは、理科でタブレットや大型モニターを効果的に用いた模擬授業が実施される。みらスクの「誰にでも扱える簡単さ」が実感できるだろう。また同ステージでは、共同出展である「LCA国際学園(運営・(株)エデューレコミュニケーションズ)」による、英語の話す力と聞き取る力を同時に養える「Metrolearning(メトロラーニング)デジタル版」を用いた授業が行われる。このデジタル版は、みらスクのメディアボックスに対応しており、リモコン操作と素早い電源起動により、必要なときにすぐに英語学習ができるようになることが魅力となるだろう。

EDIXではこのほか、「プログラミングロボット」や「ペーパーレス職員会議システム」など注目の製品や、緊急地震速報といった気象警報と連動して大型モニターに防災情報を自動表示させる「防災連携システム」の展示が予定されている。

詳細は、みらスクサイト(https://www.mirai-school.jp/)に。

問い合わせ=富士ソフト(株)みらいスクール事業部/フリーダイヤル0120(964)529(受付時間は午前9時から午後5時まで/土・日・祝日を除く)。