「みなさん、幼いころに絵本を読んだり、読み聞かせてもらったりしたことはありますか」と聞くと、ほとんどの生徒が手を挙げる。幼少時代の記憶があまりなくても、好きだった絵本は印象に残っているものだ。

スポーツ・文化の両庁と文科省の「学校教育法施行規則の一部を改正する省令の施行について(通知)」(2017年3月)では、「部活動指導員」の職務を明示しています。部活動指導員は、「部活動において校長の監督を受け、技術的な指導に従事すること」とされ、(1)実技指導(2)安全・障害予防に関する知識・技能の指導(3)学校外での活動(大会・練習試合など)の引率(4)用具・施設の点検・管理(5)部活動の管理運営(会計管理など)(6)保護者などへの連絡(7)年間・月間指導計画の作成(8)生徒指導にかかる対応(9)事故が発生した場合の現場対応――の九つの職務が例示されています。

荒れた子が少しずつ頑張るようになると、周りの子供たちも変わってきます。「あの子が頑張っているのだから、自分も頑張ろう」と思うからです。友達の頑張りは、周りの子供に伝わっていくのです。子供の頑張りは、学級全体に伝えた方がよいのです。

前回は、中学2年生が対象の「言葉の向こうに」の実践を紹介した。今回も中2を対象にした「カーテンの向こう」の授業実践を紹介する。

スクールソーシャルワーカー(以下、SSW)は、社会福祉士や精神保健福祉士など、福祉に関する専門的な資格を有する者が望ましいとされています。

学級には、荒れている子がいるかもしれません。教師の言うことを聞かずに、課題にもなかなか取り組まない子です。こういった子に、叱ってばかりだと、さらに行動は荒れていきます。荒れている子を叱ると、一時的に行動は改善されるかもしれません。しかし、しばらくすると、前以上に荒れることも少なくありません。

第3回からは、実践事例をいくつか紹介する。文科省の道徳教育教材集『私たちの道徳』に掲載されている教材「言葉の向こうに」の授業実践である。この教材を用いて、「相互理解、寛容」を狙いに授業を行い、加えてネット上のコミュニケーションについても考えさせた。

これからのスクールカウンセラー(以下、SC)やスクールソーシャルワーカー(以下、SSW)の在り方については、筆者も加わっていた文科省「教育相談等に関する調査研究協力者会議」から報告書が示されています。同省の「児童生徒の教育相談の充実について(通知)」(2017年2月)も参照いただければと思います。

学級の荒れが目立ち始めると、ほめる回数が減ってきます。叱る方が増えるためです。毎日叱っているという人もいるかもしれません。叱る声も日に日に大きくなっていきます。大きな声でないと子供が言うことを聞かないからです。表情も怖くなります。叱られた子は気分が不安定になり、さらに荒れます。この悪循環を断ち切らなくてはなりません。

道徳的な判断力の育成に当たっては、教材を通して、さまざまな状況の中で何が問題かを見極め、解決していく学習過程が大切である。そのための有効な指導法の工夫として、「中学校学習指導要領解説 特別の教科 道徳編」に示されている、問題解決的な学習が挙げられる。

公式SNS

15,530ファンいいね
44,267フォロワーフォロー