元東京都日野市立小学校長 京極澄子

「指導の工夫」により、授業への参加意欲や理解が進むという結果が得られました。しかし、指導の工夫だけでは、「分かった」「できた」に到達できない子もいます。 そこで、授業内で行う「個への配慮」や授業外での「困難さに特化した指導」が必要になります。いずれも、個の困難さを的確に把握し、必要な配慮や支援を検討・実施し、それが有効だったか評価することが大切です。 「個への配慮」は、丁寧に子供を見取る、本人の自尊心を傷付けないよう目立たなく支援する、学びの過程で褒める、がポイントです。……

立命館大学教授 湯浅俊彦

芝浦工業大附属中高校は2017年4月、東京都江東区豊洲の新校舎設立に伴い、タブレット型PC「S-tab」を生徒、教職員全員が持っています。このデバイスを活用して電子図書館サービス「LibrariE」も導入することになりました。 筆者は、18年7月に同校を訪問し、大坪隆明校長、佐藤真也事務長、図書館を受託運営する紀伊國屋書店の担当者から詳しく話を聞くことができました。 同中高校は、18年4月1日時点で中学校13クラス509人、高校18クラス618人。(うち女子生徒は中高合わせて35人)という、理工系進学を目指す学校です。明るく開放感のある図書館には5万冊の蔵書があります。……

武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部・上松恵理子准教授

 スウェーデンは、選挙のマニフェストのトップに教育を掲げると当選するほど、教育熱心な国だ。選挙期間には、小学生が各政党のテントを回り、政党ごとの主張をまとめるような授業があり驚いた。  学校では、子供の人権を最重要視している。小学校1年生から全員に電子メールアカウントが与えられていることも「基本的人権であり、当然のこと」と教師たちは言う。ある小学校では、トイレの前で「トランスジェンダーなど、性の多様性を考慮し男女別にしない」と説明を受けたこともあった。  ストックホルムのオールシタ小学校には、これまで3回訪問調査した。……

元東京都日野市立小学校長 京極澄子

「焦点化」は目標や活動の範囲を絞り、思考が深まるようにすることです。教師は、多くのことを教えなければと考えて、子供が消化できないほどの内容を詰め込んでしまうことが多く、その結果、子供が何を学んだか自覚できないことになります。 狙いの設定は、単元の指導計画の位置付けを明確にし、子供に授業終了時にどうなっていればよいかのゴールを分からせることが基本です。 かつて拝見した中学校の授業は日露戦争を学ぶ内容でした。……

立命館大学教授 湯浅俊彦

学校図書館が電子書籍の電子資料をあえて利用しないということは、デジタル・ネットワーク社会の今日、極めて重要な情報源を最初から無視することになります。例えば、近年、文学作品の電子化が進んでいますが、作家の個人全集は紙媒体で刊行することがコスト的に困難になっており、電子版しかないという事態が進展しています。  2010年6月に電子書籍として刊行が始まった「小田実全集」(小学館)は、2014年5月に4年の歳月をかけて完結しました。収録作品の半数以上が絶版だったため、作家の集大成が電子書籍でよみがえったといえるでしょう。  「小田実全集」の場合は、電子書籍版とオンデマンド版で同時出版する日本の出版業界では初めての試みでした。……

北欧の教育に関心を持つ者の交流の場として2004年に始まったのが、われわれ「北欧教育研究会」。研究者や学生だけでなく、主婦、ビジネスパーソンなど、多様なメンバーが集まってファンクラブのような雰囲気で勉強会を重ねてきた。今春、そのメンバーのうち3人が子供連れでスウェーデンのウプサラ大学に赴任したのを機に、この連載を始めることになった。信州大学准教授の林寛平、金沢大学准教授の本所恵、ウプサラ大学客員研究員の中田麗子を中心に、現地の教育、子育て支援など最新ニュースをお伝えする。
■2030年までに現金がなくなる
スウェーデンではキャッシュレス化が急速に進展している。紙幣と硬貨の流通量は5年前に比べて35%減少していて、2030年までには現金が消滅するという予測もある。 中央銀行にあたるスウェーデン国立銀行の調査によると、スーパーなどでの現金による支払いは2010年には全体の40%を占めていたが、16年には15%まで減少している。また、過去1カ月のうちに現金での支払いや預け入れで困った経験があると回答した消費者は97%に上った。 私自身、ウプサラに引っ越して4カ月がたつが、これまで現金を一度も使っていない。……

武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部・上松恵理子准教授

国際競争力ランキング1位のスイスは、物価も高いが、それに比例して国民の収入や生活水準も高い。このように経済の強い国を構築できた背景には、教育も関係している。 スイスでは中等教育後、8割は専門学校に入り就職をする。高等教育に進むのはたった2割だ。一斉入試や一斉就職がないから、就職後に大学や大学院に入るチャンスがいくらでもある。 例えば、プログラミングが好きな子供は専門学校を卒業後に大学に進学することも可能だ。……

元東京都日野市立小学校長 京極澄子

 「視覚化」は、視覚、感覚、動作を入り口にして、考えられるようにする工夫です。理解を妨げる「見えにくいものを、見えるようにする」のです。  言葉の意味が分かるように写真を提示する、書かれている内容が分かるように動作化する、資料を活用する、「授業展開」「子供の発言」が分かる構造的な板書をする――。こうすることによって、学習の理解が進みます。  授業はつながりの中で理解を図りますから、記憶が苦手な子や、理解がゆっくりな子のためにも、分かりやすい板書は重要になります。……

◇愛知県愛西市立立田中学校◇
[caption id="attachment_81778" align="alignleft" width="300"] 立田庁舎への避難[/caption] 本校は、愛知県で最も西に位置する中学校だ。学区を縦断するように木曽川が流れ、はるか西には養老の山脈を望む田園地帯の中にある。主な産業は農業で、レンコン、イチゴ、トマトや花卉(かき)などの施設園芸が盛んな地域である。住民のコミュニティーが堅固で、学校に対する協力も絶大である。豊かな自然に囲まれ、ランニングコースや剣道場を併設する広々とした体育館や、50メートルプールなど恵まれた施設のなかで、毎日熱心に学習や運動に励む生徒の姿が見られる。  現在、生徒数は193人(通常学級6、特別支援学級2)。今後、さらに生徒数が減少する見込みであり、深刻な問題となっている。
〇防災リーダー会の発足
 本校は、防災教育において2015年度に愛知県学校安全優良校表彰を受け、その後も体育館屋根などへの高所避難訓練や、防災ワークショップなど、さまざまな防災教育の取り組みを継続している。

立命館大学教授 湯浅俊彦

 関西創価高校は、将来、国際的に活躍できるグローバルリーダーの育成を図ることを目的とする「スーパーグローバルハイスクール」(SGH)の指定校に2015年に選出されました。「教科で習得した学びを課題解決に役立てている」との高い評価を得て、SGH56校の最高評価を獲得しています。  電子図書館サービスを導入した理由について、硲口浩美司書は「英語の資料をいつでもどこでも読むことができる」点を挙げます。英語の多読用資料、検定本(英検)、文学作品は特に生徒の利用が多いとのことでした。  プラン・インターナショナルが主催する国際的なコンクールで、次世代を担う中高生が、読書を通じて過酷な環境に置かれている女の子や女性たちの声を発信する機会となるよう開催される「夏休み読書感想文コンクール」(後援・文科省、外務省ほか)では、関西創価中学校の生徒たちが挑戦し、学校賞や個人の最優秀賞などで入賞しています。……

公式SNS

15,856ファンいいね